留学体験談 ー1年間の高校留学を体験してー

松田 胡楠さん

profile

学校高校単位認定留学 Otumoetai College
期間1年間(2020年1月~12月)
学年高2、Year 11
履修科目ESOL関連、Math, PE, Science

日本から遠く離れて、世界を見てみたかった。

幼い頃から海外に興味を持っていて、「英語が話せるようになりたい」ということは第一にありました。中3の時に学校の行事でニュージーランドのオークランドへ研修旅行で約1週間行って、その時から「またニュージーランドに”帰ってきたい”」と思うようになりました。また、日本から遥々離れた海外に行くことで「世界を見てみたかった」ということも大きくあります。

世界各国からの留学生と友達に。

オトゥモエタイカレッジという高校に通って、現地の生徒と一緒に数学や科学、体育の授業などを履修しましたが、ESOL(イーソル:留学生向けの英語クラス)の授業が一番楽しかったのを覚えています。日本の高校の授業と比べるともっと自由な感じで、色々な国からの留学生と友達になって、彼らとたくさん英語で喋ったりして楽しかったのを覚えています。また、留学生ための日帰りのトリップもすごく楽しくて思い出に残っています。

留学中には、ロックダウンも経験。

僕が留学中に、3回のスクールホリデーがありましたが、はじめてのスクールホリデーの時はちょうどロックダウンの真っ最中で、外出が制限されていたこともあって家でホストファミリーと過ごしていました。2回目のホリデーのときはようやく初めてちゃんとした休暇で、友達とよくシティに行ったり映画を見に行ったりしていました。最後のホリデーのときはホストファミリーにニュージーランドのほとんど最北端のケリケリというところの彼らの家族のところまで連れて行ってもらい、そちらで10日ほど楽しく過ごしていました。

日本を離れてみて、自分の世界が広がった。

今まで海外に旅行に行ったりすることはありましたが、15年間ずっと日本で暮らしてきて、長い間海外で過ごすといった経験がなくて、やっぱり一番に思うことは世界が広がったなあということです。また新しい角度から日本をみることで知らなかった部分だったり、日本の良さにも新たに気づくことができてよかったなという思いです。

留学を考えている人にアドバイスするとしたら・・・

留学前にしておいたら良いこととして、英語をしっかり勉強しておくことだとかよく聞きますが、僕もそれはもちろんだと思うのですが、僕はそれよりも日本のことをもっと知るということが大事なんじゃないかなと思います。ニュージーランドの高校で現地の友達と初めて会って喋って、日本人だと彼らに言ったらほとんど全員にあたる子がアニメや漫画の話を第一に広げていたのを覚えています。僕は日本にいたときにアニメや漫画をよく見たりしていた方ではなかったので、そこからの会話をなかなか広げられなくて、そのたびにアニメや漫画のことをもっと勉強していたらもっとすぐに仲良くなれたのかなと思ったりしていました。

松田 胡楠さん が通った学校はこちら

Otumoetai College オツモエタイカレッジ