ニュージーランドの教育について

ニュージーランドの教育制度

ニュージーランドの義務教育は6才~16才までです。
初等教育(プライマリー)は、通常5才(誕生日を過ぎたらいつでも入学可能)から始まり、13才 (Year 8)で修了します。
中等教育(セカンダリー)は、Year 9~13ですが、Year 11で(16才の誕生日を過ぎると)義務教育は終了し、それ以降は任意進学となります。大学進学を希望する場合は Year 13まで通学し、NCEA(高校教育認定資格)大学入学資格試験を受験し、必要な単位を取得します。

セカンダリースクールの中でYear 9~11を「ジュニア」、Year 12以降を「シニア」と呼びます。

ニュージーランドの学期制

ニュージーランドは4学期制(クォーター制)です。学年度(アカデミックイヤー)は2月に始まり、12月中旬に終了します。ターム(学期)制で年間4タームあり、4月、7月、9月に2週間の休みがあります。

ターム1 2月上旬~4月中旬
ターム2 5月上旬~7月上旬
ターム3 7月下旬~9月下旬
ターム4 10月中旬~12月中旬

●ターム4は、1年のまとめや試験の期間で通常授業がほとんど行われていないため、留学開始はターム1、2、3のいずれかになります。

●日本の年度末が3月なので、ターム1かターム2からの留学をおすすめします。

自己表現に重点をおいた教育

ニュージーランドの初等教育は「表現力を身につけること」に重点をおいています。子どもたちに、話す、書くの両面で徹底的な自己表現の訓練をさせるので、のびのびと自分を表現する力に長けた子が多くみられます。

中等教育の授業は、20名前後のクラス編成で、その形態はディスカッション、個人や班での課題研究、見学実習、プレゼンテーションと質疑などを多く取り入れた、生徒の能動的な活動が中心です。ゲームやスキット、ペアワークなどを頻繁に用いた授業が特徴です。

自分で物事を調べ、モチベーションをもって主体的に学び、人に指示されて行動するのではなく自ら動いて解決していく。そんな学習スキルを身につけられるのもニュージーランドの教育システムの特徴です。このように「自ら学んでいく力」はこれからの社会で生きていく中で重要なスキルのひとつとされています。

Posted by taurangaryugaku